ご 挨 拶

理事長 鶴田 恵美子
理事長 鶴田 恵美子

 一般社団法人「日本支援助言士協会」は、故本田勝嗣先生の「人間の本質は助け合う喜びを分かち合いたいものである」という信念を引き継いで2013年に設立しました。

 

 誰の中にもある「役に立ちたい」という想いを「おたがいさま」と快く繋がれる「支援助言士」として、実態のある行動に結びつけ、「勇気づけのコミュニティづくりの実現」を目指しています。

 

 カウンセリングは支援の一部であり、基本の形ですが、実はカウンセリングを学ぶことで、自分のことを受け入れ、相手を信頼し、貢献する喜びを感じ、肩の力を抜いて人生を前向きに楽しむこと等が育まれます。

 

 何かの役に立ちたい方、家族・職場等の人間関係をよくしたい方、

自分のことをもっと知りたい方、心や生き方に興味のある方・・・

 

どうぞお気軽に足を運んで来てください。


~理事長のブログ 最新記事~

横浜発!!アドラー心理学カウンセラー☆支援助言士・コミュニティカウンセラー

アドラーは、世界平和を実践する心理学 (月, 12 11月 2018)
   日本支援助言士協会の鶴田です。     人とつながることで、感動し。  人と繋がることで、悩み、葛藤する。 皆不完全である。  アドラーの弟子ドライカースは、   「不完全であることを認める勇気」 を持とうと、提言した。 誰も皆自分の持っているものを   他の為に使い、    協力しあうことは、対人関係に最も   重要なことと、実践の心理学    アドラー心理学は説いている。     今、世界は分断に向かっている   気がする。  飽くことなく、懲りることなく、人は、   自分が正しい、相手は間違っている   と、自分守りにやっきになる。    決してそれは、自分保全ではないのに。  生きる力を、持てる力を建設的に   使うのか、  非建設的に使うのかと 分かりやすく問いかける。 アドラーは、自己啓発の祖   越えて、   人類平和の提言者である。       一日で学べるアドラー心理学講座を 12月8日開催します。 https://www.sienjogensi.org/
>> 続きを読む

コミュニティカウンセラーの視点 (Thu, 08 Nov 2018)
日本支援助言士協会の鶴田です。   コミュニティカウンセラーの   視点を、分かりやすく   説明してくれた、丹羽郁夫先生 (法政大学)の   講座の抜粋です。      ≪もっと早く、もっと多くの人を、     もっと浅く援助する方法≫ 1、心的問題を持った個人は    変化しにくい、環境で支える。    従来のカウンセリングの目標は        個人の成長を促すこと        です。        個人の成長、態度変容に焦点を      当てることも、必要だが    もっとたくさんの困った人がいる現実、      環境を変えること    で多くの人への支援を広げていこうと      考えます。  2、鎧をはがさず、むしろ鎧を重視し、      強化する    鎧は、その人にとって必要なもので      あることを認め、支える    視点です。  3、強い部分の強化、それにより      弱い部分を抱え、支える    弱い部分、苦手なところは      変えにくい、強みを伸ばしていく    ことで、自己肯定感を育てることに      繋がります。  コミュニティ心理学は、    これからカウンセリングを学ぶ人に  とって、欠かせない分野となります。    (2014年カウンセリング講座)   「他人と過去は変えられない、    私が変わらなければ」、ということも   真実だが、    変わること(成長)を目指すことは    大切であるが、今、受け入れられない    ことがあっても、いいのだと    今の自分を受け入れることはもっと    大切である。     この視点がコミュニティカウンセラー   には必要な視点です。     それなら、私もカウンセラーとして   活動できると   思いませんか?     もっと 早く、もっと多くの人を   もっと浅く支援するで   いいのです。   日本支援助言士協会は コミュニティカウンセラー を養成しています。 https://www.sienjogensi.org/                
>> 続きを読む