「勇気づけのメンター養成講座」

研修の種類No.研修E「勇気づけのメンター養成講座」
~アドラー心理学をベースとした勇気づけと共創のメンタリング~

講師:佐藤泰三

*アドラー心理学とは、アルフレッド・アドラー(1870~1937年)を創始者とする心理学です。欧米ではフロイト、ユングとともに「心理学の3大巨頭」と呼ばれています。また、「自己啓発の父」とも言われ、繋がり感覚を持ちつつ自分の人生を生きるという理念が、ここ数年、日本においても注目されています。

目的・狙い

『これからの真のメンターシップは、勇気づけに満ち、共創するコミュニティづくりの実現!』

 

今、大注目の未来志向で「勇気づけの心理学」とも言われている「アドラー心理学」に基づき、これからの真のメンターに大切な思想・理論・技術を学び、「自己変革」ならびに生産性・人間性を併せ持つ「組織変革」の契機を目指します。

 

夢・信頼・やる気・勇気に満ち、共創するコミュニティ・組織創りに欠かせない、とっておきの秘訣をグループワーク等交えて体感的に習得していく研修です。


受講メリット

① 組織のメンターとして、自分をおこします(自己勇気づけ)。

 

② 人をおこし(他者勇気づけ)さらに組織をおこし、創発するコミュニティ・組織づくりのメンターシップを発揮する思想・理論・技術を習得します。

 

③ 生産性と人間性の両輪から「組織変革」に繋げる契機を目指します。

 

④ 社員の離職やメンタルダウンの予防を図ります。 

対象者

あらゆるコミュニティ(企業・団体等)のメンターに任命された方、メンター候補の方。

部下や後輩を育成する立場の方。

マネジメント層。

若手・中堅リーダー。

プログラム内容

*「勇気づけリーダーシップ」にカスタマイズが可能です。

1)「勇気づけのメンター」のスタンス

 

①アドラー心理学の全体像

②メンターマインドをもつとは? メンタリングの目的 等

③勇気づけメンターシップとは?   等

 

2)「勇気づけのメンター」で大切な6つのスキル  

 

①傾聴 (共感ファーストとは)  

②目的 (目的に沿った建設的行動とは)  

③価値観(相手の価値観を満たすとは)  

④状況 (状況に応じた手を使うとは)  

⑤個性 (それぞれの人の最優先目標とは)  

⑥勇気づけ(自他への勇気づけの姿勢・技術とは、叱らずにやる気を引き出す方法とは)  等について各種ペア・グループワークにて体感的に習得    

 

3)実践メンタリング:簡単に使える!「未来志向の共創問題解決法」

(ペアロールプレイによる演習)

 

4)目標策定(振り返りと今後の各自の目標策定)


講師

佐藤 泰三 (さとう やすぞう)

 

一般社団法人 日本支援助言士協会 常務理事

 

青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング(株)キャリア開発事業部 特任研究員

 

「オフィス Light Our Fire」 代表

講師プロフィール

1981年味の素㈱入社。営業部門、マーケティング部門、IT・物流部門等と幅広い業務を経験。 経産省各種委員を歴任。 2010年より営業部門の人財育成の責任者(部長)として従事。 メンター制度の浸透にも陣頭指揮。 2013年味の素㈱を依願退職。

 

現在、アドラー心理学を中核にリーダーシップ、夢おこし、メンター養成、キャリア開発等のテーマで各種企業・団体での研修講師・カウンセラーとして活躍中。 「心に灯をともすメンター」を使命に、言行一致やコツコツ習慣をモットーとしている。

 

また、調剤薬局の経営者でもあり、ビジネス実践においても豊富な経験を有する。

盛和塾(塾長:稲盛和夫)正会員。

資格

◆ヒューマン・ギルド社認定 アドラー心理学 「アドラー・カウンセラー」「ELM勇気づけトレーナー」「人おこし・組織おこしリーダー」

◆NPO法人国際メンターシップ協会認定 「チーフ・エグゼクティブ・メンター」

◆日本支援助言士協会認定 「支援助言士」

◆国家資格 「キャリアコンサルタント」

◆JCDA認定 CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)


開催日・受講人数・価格

お申込み法人様と相談、合意とさせていただきます。

時間帯

基本10~17時(ランチ休憩1時間含む) 

*実質6時間 

*9:40開場

 

(個別に相談の上決定いたします。)

定員

基本12名様まで

 

(個別に相談の上決定いたします)

会場

日本支援助言士協会(横浜駅西口より徒歩約11分)

または、実施法人様会議室等

 

支援助言士協会へのアクセス >>

主催:一般社団法人 日本支援助言士協会

上記お問い合わせフォーム内、「お問い合わせ項目」の「企業・団体様向け研修について」および「研修E」にチェックをし、「お問い合わせ内容」にメッセージをご記入ください。

 

講師より折り返し連絡させていただきます。